Return to site

ファーマクラウドCEO山口が

筑波大学の数理工学モデル化実習事例講義に登壇

6/6の筑波大学の数理工学モデル化実習事例講義にて、ファーマクラウドCEO山口が「レセプトデータを薬局の課題解決に活かす」をテーマに講演しました。

 

薬局におけるアソシエーション分析や不動在庫のシェアリングエコノミー、現在開発中のWatson搭載型チャットボットのプロトタイプ、サポートベクターマシーンでの失敗など事例を交えて、薬局の現場が抱える課題とその解決についてお話させていただきました。聴講した学生からは以下のような感想を頂いております。

レセプトデータを機械学習に用いることについてお話してくださった山口先生は、私たちが今学んでいる様々な知識を現実の問題解決のための手段として利用している例を自分の体験でお話してくださったのが非常に面白かった。

学んでいることが実社会の役に立つという事例として好評とのことで毎年講演の依頼を頂いております。興味のある大学関係者がおられましたらこちらからお問い合わせください

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly